見学してみよう

オフィスビル群

一言にオフィスを借りるといっても、貸店舗、貸事務所といった表示で広告が出されていて、主に個人事業向けなどで用意されている物は非常に多く、不動産屋などに行くと一般向け賃貸よりも安く貸し出されることも少なくありません。
もちろん新しいオフィスを選ぶ際には、なるべくいい場所を選びたいですね。
でも、働く人のことを考えると、中々いい場所は見つかりません。
もちろん個人差はありますが、ここで1つ注意しておくことがあります。
それは、自分の業種に合っているかということに加え日当たりや周囲の地形というものを考慮しておきましょう。
異様に安い賃貸物件だと、こうした条件が実際に借りてみると悪かったりすることもあるからです。
いくら新しく借りたからと言っても、周囲が寂れていたり、すぐそばにお墓があったりすると、気持ちよくは働けませんよね。
そうした事がないように、気になった物件は不動産屋と一度問い合わせて、実際に見て選ぶといいですよ。
目でみて確かめることで、資料だけでは見えなかった良さと悪さを知ることができるのです。

では、実際に物件を選んだところで、もう1つ大切なポイントがあります。
それは空間を効率よく使用する、すなわち間取りと物の配置のことです。
もちろんオフィスといってもお客様がいらっしゃることや従業員も使用したりして不特定多数の人が使うスペース、職員だけが使用するスペース、来客者が使用していただくスペースなどと役割を定めておくのが理想的とされています。
基本的には全体のバランスを考慮する事が必要です。
もちろんスペースが狭かったり、広すぎたりしてもアウトですし、逆に業種によってはそれがOKだったりタブーだったりする場合もありますから慎重な配置が求められますが、基本としては机や扉を開いていても人1人の通行に支障がない程度のものが良いです。
どんなに狭くても、広くても、工夫次第でどうとでも形を変えていくのがオフィスですから、うまく工夫して、よりよい仕事をしていきましょう。